無料ブログはココログ

新四国相馬霊場八十八ヶ所

2017年1月 3日 (火)

滝前のお不動さん

2017.01.03(火)。晴れ。
散歩がてら、久しぶりに「滝不動」に行ってみた。
文化年間(19世紀初)の建立といわれている。
新四国相馬霊場36番札所になっているが、住職がいないお寺。
周囲の竹やぶがスッキリ整備され、風通しも良くなった感じがする。
滞在中に結構訪れる人がいた。

以前撮った写真はこちら

EOS 5D MarkⅡ、EF40mm F2.8 STM。

◆全景。左側にあるのは大師堂(36番)。大正から昭和初期はお遍路さんで賑わったのでしょうね。昔は藁ぶき屋根。

Img_2971

◆モノクロ・HDR変換。

Img_2972mhdr

Img_2975m

◆タケノコが顔を出していた。

Img_2976

◆お堂脇の竹やぶ。

Img_2978

◆正面から。

Img_2979

◆脇から上る道(階段)が出来ていた。

Img_2980

Img_2982

◆お堂の彫り物は見事! 江戸期の作と伝えられている。

Img_2986hdr

2013年5月31日 (金)

新四国相馬霊場88

利根川を挟んだ茨城県取手市、千葉県柏市と我孫子市に「新四国相馬霊場88ヶ所」がある。
数年前に我孫子市全部と柏市全部、今年1月頃に取手駅周辺の大師堂を撮影して廻った。
近場の神社、寺、史跡などを撮り歩いているうちに、廻れるだけ廻ってみようとしたことがきっかけ。

札所と呼ばれるところは、取手市に58ヶ所、柏市に4ヶ所(布施弁天周辺)、我孫子市に26ヶ所と番外89番札所がある。江戸時代の宝暦年間にできたこの霊場、今では廃寺になっているところが多く、また、残存する大師堂への道標も数少なくなっている。

下の書籍は、「我孫子市史研究センター」が制作したもので、我孫子図書館で借りることができる。 早速借りてきて読み始めたところだ。撮影して廻った頃を思い浮かべて読むことにしよう。

88

私が撮影した写真はこちら

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30